つるむらさきの栄養分は?ゆで方と調理方法について

つるむらさきの栄養分は?ゆで方と調理方法について

つるむらさき」は、中国南部から東南アジアにかけて広く栽培されている野菜で、
2000年以上前から食用にされていました。

この「つるむらさき」の栄養分や旬の時期、ゆで方や調理法などについて紹介します。

つるむらさきってどんな野菜?

「つるむらさき」は、葉と茎を食用にする野菜です。

葉は丸みを帯びていて柔らかく、やや厚みがあります。
茎は太く、そこから四方に葉が生えています。

味は、独特のぬめりと香りがあり、栄養価が高い野菜です。

生産地は全国各地で栽培されていますが、東北地方が多くなっています。

つるむらさきは、ハウス栽培も盛んに行われているため、ほぼ一年中流通しています。
露地物の場合は収穫は夏で、旬の時期は
6月〜8月
となっています。

つるむらさきの栄養分と効能について

つるむらさきは、とても栄養価が高い緑黄色野菜です。

中でも豊富に含まれているのが「βカロテン」です。
βカロテンは、抗発ガン作用などで知られていますが、
その他にも、体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持
、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるとされています。

また、カルシウムマグネシウムなどのミネラルも豊富です。

他にもビタミンCが多く含まれ、肌の健康維持や免疫力を高めてくれます。

つるむらさきの選び方と保存方法

「つるむらさき」の選び方ですが、葉っぱが濃い緑色をしているもの、
みずみずしくてしゃきっとしていて、触った時に肉厚なものを選びましょう。

保存方法ですが、そのまま置いておくとすぐにしなびてしまいます。
保存するには、濡らした新聞紙などで包んでから、袋に入れて冷蔵庫の野菜室に入れます。

冷蔵庫に入れるときは、根の部分を下にして立てて入れると長持ちします。

つるむらさきの調理方法

「つるむらさき」を茹でる場合は、茎が太いため、葉と茎は別々に茹でます。

ゆで方ですが、まず、つるむらさきの葉と茎をちぎって分けます。
次に、鍋にお湯をたっぷり沸騰させ、塩を少々入れてから茎を入れます。
30秒ほど茹でたら葉を入れ、20秒ほど茹でてからざるに上げて水気を切ります。

平たいざるなどにあけ、自然に冷まします。
触れるぐらいに冷めてきたら、水気を絞って食べやすい長さに切ります。

料理法ですが、つるむらさきは油との相性がいいので、炒め物、揚げ物がいいでしょう。
炒めもの、揚げ物にする場合は、下茹ではしなくても問題ありません。

また、おひたしやあえ物、汁物など、ホウレン草や小松菜などと同じような使い方もできます。

7月カテゴリの最新記事