ウコギの栄養分・効果は?アク抜き方法と食べ方について

ウコギの栄養分・効果は?アク抜き方法と食べ方について

ウコギ」は、昔から春に食べられてきた山菜です。

ここでは、この「ウコギ」の栄養分・効果や食べ方などについて紹介します。

ウコギってどんな山菜?旬の時期は?

ウコギは、たらの芽、コシアブラなどウコギ科の草木の若芽です。
昔から春の山菜として食用されてきました。

ウコギにはいくつか種類があり、
ヤマウコギ」「ヒメウコギ
などの品種があります。

栽培されて出荷されているものは、たいていがヒメウコギとなっています。

ウコギの特徴は、コシアブラを小さくしたような見た目で、
枝先に数本の葉柄が伸びています。

色は根元までは緑色で、ハカマのように軸の付け根に少し硬い部分があります。

ウコギはアクが強く、アク抜きをした後でもクセがあります。
苦み・渋みに近い味と独特の香りが特徴です。

ウコギは、全国各地で自生していますが、
現在では栽培ものも出てきています。

ウコギの旬の時期は、
3月頃から6月くらい
となっています。

ウコギの栄養分と効能・効果について

ウコギに含まれる栄養分ですが、
ビタミンとミネラルが豊富なのが特徴です。

中でも、カルシウムビタミンAビタミンCが多く含まれています。

また、活性酸素を抑える働きがあるサポニン
抗酸化物質のポリフェノールも含まれています。

他には、食物繊維もかなり多く含まれています。

これらの栄養分のため、糖尿病の改善に役立つと言われています。

ウコギの選び方と保存方法について

ウコギは、春になると出てくる新芽の部分を食べます。
そのため、あまり大きくなりすぎていないものを選ぶといいでしょう。

目安としては、5cmぐらいまでがいいでしょう。

ウコギは風味が重要な山菜です。
そのため、なるべく早めに食べるようにしましょう。

もし保存する場合は、乾燥しないよう袋などに入れて、
冷蔵庫の野菜室でに入れます。

それでも長期保存には向いていません。

どうしても長期保存したい場合は、冷凍保存します。
冷凍保存する場合は、塩を入れた熱湯を少しくぐらせてから、
冷水に入れてアク抜きした物を小分けしてから冷凍します。

ウコギの食べ方とアク抜きの方法

ウコギは、そのままではかなりアクが強い食べ物です。

そのため、揚げ物にする以外は、まずアク抜きをする必要があります。

アク抜きの方法は、まず、軸の付け根にある固い部分を取り除きます。
そして、1%の塩を入れた熱湯で茹でます。

茹で時間は、だいたい1〜2分ぐらいで、
茹でた後はすぐに冷水に入れ、しばらくさらしておきます。

また、塩揉みをする方法もあります。

塩揉みは、付け根の固い部分を取り除いたウコギにたっぷりの塩をまぶし、
手でよく揉みこんでからしばらく置いておきます。

その後、さっとすすいでから、沸騰させている湯に投入し30秒から1分ぐらい茹で、
その後、冷水に入れて冷まします。

食べ方としては、揚げ物にする場合は「天ぷら」に、
それ以外の場合は、おひたしにして食べることが多いようです。

ウコギだけでお浸しにするのもいいのですが、
クセが強いので、他の野菜と合わせてお浸しすることが多いようです。

山形の郷土料理ではクルミ味噌で和え物にします。

また、「うこぎ飯」として食べるのもいいでしょう。
作り方は、塩茹でしたウコギを細かく刻み、
軽く塩味を付けたごはんにまぶすだけです。

炊き込むのではなく、混ぜる方が香りも色もよく仕上がります。

4月カテゴリの最新記事