コシアブラの見分け方は?栄養・保存方法と食べ方について

コシアブラの見分け方は?栄養・保存方法と食べ方について

コシアブラ」は、タラの芽などと同じ木の芽の部分を食用にする山菜です。

このコシアブラの見分け方・食べ方や、栄養、保存方法などについて紹介します。

コシアブラってどんな山菜?旬の時期について

コシアブラ(漉油)」は、タラの芽やウドと同じウコギ科の植物で、
木の芽の部分を山菜として食用にします。

コシアブラの名前は、昔この木の樹脂(あぶら)を絞り、濾したものを漆(うるし)のように塗料として使われていたことからきています。

コシアブラは、北海道から九州まで、ほぼ日本全国で自生しています。
雑木林などに自生している落葉樹で、秋には葉の色が黄色く染まります。
その後、晩秋に葉を落とし、春になると枝の先から芽が出てきます。
その芽が食用となります。

このコシアブラの芽は「山菜の女王」とも呼ばれています。

コシアブラの旬の時期は、地域によって差がありますが、
本州の場合、平地で4月初旬ぐらいから、
東北の場合や高地の場合は、5月初旬頃から下旬頃
となっています。

場所によっては6月でも採れることもあります。

コシアブラの見分け方と選び方

コシアブラですが、採取するときには「ヤマウルシ」に気をつける必要があります。
見間違うことがあるため、間違えて触ってしまうとかぶれてしまいます。

コシアブラとヤマウルシの見分け方ですが、一番わかりやすいのが「」です。
コシアブラの芽は明るい緑色をしていますが、ヤマウルシの芽は全体的に赤いのが特徴です。

芽がよく見えない場合は、樹皮で見分けます。

コシアブラの樹皮は、滑々していて灰白色なのが特徴です。
ヤマウルシの樹皮は、コシアブラに比べてやや濃いグレーで、木肌が縦に波打っています。
波打つ模様で見分けるといいでしょう。

次に、いいコシアブラの選び方ですが、葉の柄が広がる前の物を採るといいでしょう。

コシアブラは、芽が出始めて少しすると、袴の部分から先に葉と共に紫がかった葉の柄が数本まとまってまっすぐ上に伸びてきます。
さらに成長すると葉が広がり、次に柄の部分が広がります。

美味しく食べられるのは、柄が広がる前までです。
そのため、先に葉を付けた何本かの柄がまっすぐそろって上に伸びている状態の物を収穫しましょう。

また、芽が出始めてすぐの物は、筆を空に向けて立てているような形をしています。
これは「筆葉」と呼ばれ、最もありがたい物とされています。

コシアブラの栄養と効能について

「コシアブラ」に含まれる栄養分ですが、
まずは山菜には珍しい「ポリフェノール」が含まれています。

また、「ケンフェロール」「イソクエルチトリン」という成分も含まれています。
これには、血圧降下作用があります。

コシアブラは、昔から薬用植物として知られていて、
若葉を煎じて飲むと高血圧に効果があると言われています。

その他にも、コシアブラは低カロリーで、食物繊維も豊富です。
また、山菜なのにタンパク質も多く含まれています。

コシアブラの保存方法について

「コシアブラ」ですが、あまり日持ちがしません。
香りが重要な食材なので、新鮮なうちになるべく早く食べましょう。

どうしても保存する場合は、できるだけ乾燥しないように新聞紙などに包み、
穴をあけたポリ袋などに入れて野菜室で保存します。

それでも2〜3日で食べるようにしましょう。

それより長期保存する場合は、冷凍保存します。

冷凍保存するには、まず、沸騰したお湯に塩を少し入れ、
1分半程度固めに茹でて、氷水に落とし、しばらく水にさらしてアク抜きをして、
よく水気を切って小分けにしてアルミやステンレスのバットに広げ一気に冷凍します。

そして、凍ったものを小分けにしてラップなどで包み、保存袋に入れて冷凍します。

また、塩漬けにしても長期保存ができます。

コシアブラの食べ方

「コシアブラ」は、付け根のハカマを取ってから調理に使います。

コシアブラにはアクがあるので、天ぷらで食べることが多いのですが、
アク抜きをすると他の料理でも使えます。

下処理の方法ですが、
水に対し2%の塩(水1Lに対して塩20g)を加え、沸騰させます。
そこにコシアブラを入れ、2分~3分茹でてすぐに冷水に落とします。

アク抜きのため、そのまましばらく水にさらしておきます。

小さく柔らかい物はそれほどアクが強くないので、さっとくぐらせる程度でもいいでしょう。

調理方法としては、定番なのが「天ぷら」です。
コシアブラにはアクがありますが、油で揚げるとアクが旨みとなり、栄養成分も流失することなく食べることができます。

アク抜きした後であれば、「おひたし」「和え物」もいいでしょう。
また、アク抜きしたコシアブラに鰹節を振ってポン酢で食べても美味しく食べられます。

4月カテゴリの最新記事