ヨモギの見分け方は?栄養・効能とあく抜きのゆで方について

ヨモギの見分け方は?栄養・効能とあく抜きのゆで方について

ヨモギ」は、全国各地の野原や河川の土手などに自生している多年草です。

ここでは、このヨモギの見分け方や、栄養分・効能、
あく抜きのゆで方などについて紹介します。

ヨモギとは?旬の時期はいつ?

ヨモギは、キク科ヨモギ属の多年草です。
全国各地の野原や河川の土手などに自生しています。

ヨモギは、独特の香りがあり、お灸のもぐさとしても使われています。
昔から食用だけでなく、漢方では生薬として利用されています。

もちろん食用としても使われます。

食用にするヨモギは若い芽で、食用としてのヨモギの旬の時期は、
3月から5月頃まで
となっています。

ヨモギの栄養分・効能について

ヨモギに多く含まれるのが「食物繊維」です。

ヨモギに含まれる食物繊維は、不溶性食物繊維で、
便秘の解消やダイエット効果などが期待できます。

また、ヨモギには「クロロフィル」という成分が含まれています。

クロロフィルは体内でヘモグロビンの生成を助けて造血作用を促進したり、
貧血の予防・改善に作用すると言われています。

また、コレステロール値を下げ、血中脂質の正常化に作用することが分かっています。

他にも、「βカロテン」も含まれます。
βカロテンは、抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られ、
その他にも、体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、
粘膜や皮膚の健康維持、呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

また、「ビタミンK」も含まれています。
ビタミンKには、血液の凝固に関わる成分の合成を促す働きがあるので、
ヨモギは生薬として止血薬としても用いられてきました。

食用以外としては、ヨモギにはさわやかな若草の香りがあるため、アロマ効果が期待できます。
香り成分は、ユーカリプトールと呼ばれるシネオールなどで、
口臭を抑えたり、リラックスさせてくれる働きなどがあります。

また、白血病細胞を殺す作用や副鼻腔炎の治療に効果があるとされています。

ヨモギの見分け方・選び方について

このヨモギですが、他にもいろんな野草がある場所に生えているので、見分ける必要があります。

そこで、ヨモギの見分け方を紹介します。

まず、ヨモギには、「白い産毛」が生えています。
特に葉の裏や茎にたくさん生えています。

ただ、中には「オトコヨモギ」という産毛が生えないヨモギもありますが、
同じ様に産毛のない植物に毒のある「トリカブト」もあります。

そのため、白い産毛ないものは、採らないほうがいいでしょう。

次の見分け方ですが、「いい香りがする」という点です。
ヨモギの葉をちぎってみると、ヨモギの独特な香りがします。

ヨモギかどうか迷うようなら、1つちぎってみるといいでしょう。
ただ、トリカブトだった場合は素手でちぎるのは危険なので、手袋を使いましょう。

また、ヨモギは地下茎で増えていく野草なので、一ヶ所で群生していますので、これも見分ける方法の1つです。

次はヨモギの選び方です。

ヨモギは多年草なので、冬を越した固い葉もあります。
ただ、食用にするのは今年になって出てきた新芽の部分で、
だいたい先から15cm~20cm位の部分になります。

指先で軽くつまんで切れるぐらいのものを選ぶといいでしょう。
この時、固い物は避けましょう。

また、葉の色がみずみずしい黄緑色の部分だけを使います。
赤い部分は取り除きます。

ヨモギの保存方法は?

ヨモギの保存方法ですが、摘んできたり買ってきたら、すぐにさっと水ですすぎ、
ゴミなどを落としてよく水を切ってから、乾燥しないように袋に入れて冷蔵庫で保存します。

だいたい2日ぐらいもちます。

また、冷凍保存もできます。
冷凍する場合は、一度下茹でしてから密封袋に入れ、空気を抜いて冷凍します。

使う時は自然解凍してから、おひたしやあえ物、汁物などに使います。

また、下茹でしたものをミキサーにかけ、ペースト状にしてから冷凍する方法もあります。

ヨモギのあく抜きの方法とゆで方について

ヨモギは下処理としてアク抜きをする必要があります。

あく抜きの方法としては、まず下茹でをします。
沸騰しているお湯に、塩と重層を加え、2分程度茹でます。
茹で上げたらすぐに冷水に入れ20分程さらしておきます。

春の新芽だけの場合は、アクはほとんどないので、重層はなくてもいいでしょう。
また、茹であがりもさっと冷水にさらしたのちすぐに絞るといいでしょう。

4月カテゴリの最新記事