わらびの旬の時期は?アク抜きと栄養・保存方法について

わらびの旬の時期は?アク抜きと栄養・保存方法について

わらび(蕨)」は、全国に自生している山菜です。

ここでは、この「わらび」の旬の時期や選び方、
栄養分や保存方法について紹介します。

また、わらびを食べるときに必要になる「アク抜き」についても紹介します。

わらびってどんな山菜?

「わらび」は、全国に自生しているシダの仲間の一種です。

主に、その若芽を山菜として食用にします。

また、わらびの根にはデンプンが多く含まれていて、
このデンプンからワラビ粉が作られ、わらび餅が作られます。

山菜としては比較的身近なもので、ちょっとした山や野でたくさん採れる山菜です。

わらびは全国各地で採ることができますが、
生産量としては、山形、秋田など東北地方が多くなっています。

わらびの旬の時期は?

わらびの旬の時期ですが、全国各地で採れるため、
地域によって時期に差があります。

九州では、3月中旬から、
本州では、4月中旬から5月上旬
東北では、6月上旬頃
が旬の時期になっています。

どちらにしても、旬の時期は「」になります。

わらびを採取するポイントは?

わらびは、全国各地の山で採取できます。

山でも森の中ではなく、日当たりの良い雑木林の縁や草原に生えています。
手入れされていない茶畑などは、わらびが生えやすい場所です。

わらびが生えてくる場所には、前年のわらびの枯れた葉が残っていますので、
それを目印にするといいでしょう。

採取するわらびは、先がまだ丸く、開いていないものにしましょう。
わらびは成長すると、先が枝分かれし、葉を広げてシダのようになっていきます。

採るときは、できるだけ根元近くから手で折ってとります。
もし固くて折れない場合は、少し上の方を折ってみるといいでしょう。

わらびの栄養分と効能について

わらびの成分のほとんどは水分と食物繊維ですが、
ビタミンEが比較的多く含まれています。

ビタミンEは、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるため、
動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立つと言われています。

また、わらびには強い毒性があるため、
食べる前にはしっかりとアク抜きをする必要があります。

新鮮なわらびの選び方

新鮮なわらびの見分け方ですが、
新鮮なわらびには「産毛」がたくさんついています。

そのため、産毛が多いわらびを選びましょう。

また、茎が太く短い物で、首がまだ上を向く前くらいの物が柔らかくて美味しいわらびです。

栽培物の場合は30cm位のものがいいでしょう。

色は、茎の部分が緑色のものが新鮮です。
鮮度が落ちると茶色っぽく変色します。

わらびの保存方法について

わらびは鮮度が落ちやすいため、そのまま保存はしないほうがいいでしょう。

できるだけ早くアク抜きをして、水に浸したまま冷蔵庫で保存します。
それでも2~3日で使い切るようにしましょう。

長期保存する場合は、「塩漬け」か「乾燥わらび」にします。

乾燥わらびの作り方は、
アク抜きしたわらびを天日干しにします。

濡れないように注意しながら、時々ひっくり返して数日間干します。

ある程度乾燥したら、両手で手のひら同士をこすり合わせるようにワラビをヨリます。
これを何度が繰り返します。

乾燥わらびは、調理前に水に浸して戻してから使います。
煮物やおひたし、和え物などにするといいでしょう。

わらびのアク抜きの方法と調理方法について

わらびは灰汁が強く、生のまま食べると、その毒性で中毒を起こしてしまう場合があります。
そのため、調理前に十分にアク抜きをしましょう。

アク抜きの方法としては、沸騰しているお湯に重層か木炭を入れ、そこにわらびを浸けて更に加熱し、沸騰寸前で火を止め、落としブタをしてそのまま冷まします。

冷めてから水を交換し、さらに一晩おきます。

落とし蓋をしてから一晩置いて、水洗いしてもいいでしょう。

このとき、茹で過ぎると歯触りが悪くなり、ズルズルした感じになってしまいますので、茹ですぎないようにしましょう。

アク抜きが終わったワラビは、長さを揃えて切っておくといいでしょう。

4月カテゴリの最新記事